車を高く売る!SUZUKI パレットの車査定相場とおすすめ車一括査定

SUZUKI パレットは、スズキが販売していた大人気の軽スーパーハイトワゴンです。
その人気の秘密を紐解くべく、パレットのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

SUZUKI パレットのコンセプトや特徴

SUZUKI パレットは、2008年に発売され、2013年に販売終了となりました。
第2世代に移行したダイハツのタントに対抗するためにスズキが発表した自動車で、ボンネット型軽自動車として初の後席両側スライドドアを搭載した、軽スーパーハイトワゴンの元祖と言える車で相場も高めです。
タントが片側スライドドアだけであり、他が商用車ベースのワゴンしかなかったことから、画期的なパッケージングであったのは言うまでもありません。

SUZUKI パレットの車一括査定相場

5年落ちパレットの平均相場

5年落ちのパレットの平均買取価格は\363,151となります。
新車のベースモデルが124万円で上級グレードだと172万円を超す車種ですので、値落ちとしては標準的になります。

全体の平均買取価格

パレット全体の平均買取価格は\284,939となり、今後もこの程度の相場が続いていくと見込まれます。
パレットという社名は、画材のパレットに由来します。
絵の具がパレットの上で多彩な色を生み出すように、様々なライフスタイルを楽しむことができるクルマという意味で命名されました。
ボディのタイプは、ノーマルの他に専用デザインのアルミホイールなどを採用した派生モデル「パレットSW」であり、買取価格はこちらの方が高値になります。
後継車種となるスペーシア発表に伴い生産終了しており、実際には完全にモデルを刷新した形です。
やはりリコールなどの不具合も目立ったことから、コンセプトは引き継ぎつつも、2台目にはしませんでした。

SUZUKI パレットを高く売る為の注意点

SUZUKI パレットをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

モデルチェンジしてからの相場に注目する

SUZUKI パレットもまだ相場は高値を維持していますが、今後大きく買取相場が下がっていくことも考えられます。新型車が出たことで、当然市場の興味は新型車に移るため、徐々に旧型の需要は落ちていき、ある時点で一気に寝落ちする可能性も否定できません。
このような事態が予想されるときは、頻繁に買取相場を確認し、売却時に損をしないように気を付ける必要があります。

車検を通さずに売るタイミングを見極める

車検には多額の費用がかかり、軽自動車も普通車ほどではないにせよ、税金や自賠責保険、各種の整備代金については、かなり高額な出費となります。
しかしながら、残念なことに、いくら整備にお金をかけたとしても、売却時の買取金額にそれが正確に反映されない場合がほとんどです。
つまり、長く乗るためと思って交換した消耗部品等については、車の買取金額にプラスされるわけではないのです。
したがって、車検を通してから売却するよりも、車検前に売却した方が、トータルで見ると得をすることが多くなります。

SUZUKI パレットをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、SUZUKI パレットの買取相場について解説しました。
市販車世界初となる副変速機構付CVTが採用されており、メカニズム的にも全く新しいスーパーハイトワゴンというジャンルを作った車です。
ドアはスライドの方がいい、1枚より2枚の方がいいというユーザーの声に応えた車で、今後も人気が衰えていくことは少なくなります。
こんな人気のパレットをもっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

関連記事

ムーヴコンテ

DAIHATSU ムーヴコンテの評判と車一括査定の相場比較・注意点

NISSAN オッティ

NISSAN オッティの評判と車一括査定の相場比較・注意点

キャロル

MAZDA キャロルの評判と車一括査定の相場比較・注意点

NISSAN ピノの評判と車一括査定の相場比較・注意点

ムーヴラテ

DAIHATSU ムーヴラテの評判と車一括査定の相場比較・注意点

車を高く売る!DAIHATSU ソニカの車査定相場とおすすめ車一括査定