SUZUKI エスクードの評判と車一括査定の相場比較・注意点

エスクード

SUZUKI エスクードは、スズキが発売する大人気の、コンパクトSUVです。
その人気の秘密を紐解くべく、エスクードのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

SUZUKI エスクードのコンセプトや特徴

SUZUKI エスクードは、1988年に初代が発売され、1997年に2代目、2005年に3代目、2015年に4代目へとモデルチェンジしたSUVです。
開発コンセプトは「クロスカントリーセダン」で、初代はラダーフレームを採用していました。
3代目は全幅が1,810 mmとなり、完全に世界戦略車となり、ラダーフレーム一体型モノコックボディを採用しました。
4代目はボディサイズを小さくし、エンジンも1,600ccにダウンサイジングしています。
車重は3代目の1,600kg超から1,200kg前後と、完全に世界的流行のコンパクトSUVに生まれ変わり、新型の相場は高くなっています。

SUZUKI エスクードの車一括査定相場

3年落ちエスクード

3年落ちのエスクードの平均買取価格は¥1,031,733となります。
新車のベースモデルが230万円で上級グレードだと250万円を超す車種ですので、値落ち率としてはごく平均的になります。

5年落ちエスクード

5年落ちのエスクードの平均買取価格は¥974,667となります。
3年落ちからの値下がりが10万円以下であり、かなり値下がり率が小さくなります。
5年か3年の売却で迷っている場合は、相場としては5年での売却がお勧めになります。

全体の平均買取価格

エスクード全体の平均買取価格は¥460,635となります。
初代から3代目までは大型化を続け、当初のコンセプトが段々と変化していった感がありました。
しかしながら、スズキが得意とする軽量化技術と最新のダウンサイジングエンジンを生み合わせ、完全に世界戦略車として4代目が発売されています。
よって、買取相場はモデルが新しいほど、高い傾向にあり、特に3代目とのキャラクターが大きく異なるため、今後の相場にも注目が必要です。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

SUZUKI エスクードを高く売る為の注意点

SUZUKI エスクードをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

リセールバリューを見極める

車の買替えサイクルは、通常は3年、5年、7年という車検の周期でやってきます。
徐々に車検時にかかる整備費用がかさんでくるため、3年や5年で手放した方が得との見方もできます。
その一方で、あまりの使い勝手のよさから、トヨタのハイエースのように、10年落ちでも200万円を超える相場を維持している車種もあります。
車種によって3年、5年、7年というように値下がり具合が変わってきますので、相場情報をまめにチェックする必要があります。

ガソリン車かハイブリッド車をよく考える

現行の多くの車種には、ガソリン車の他にハイブリッドモデルがあります。
当然リセールバリューはハイブリッドモデルが上になります。
新車価格の差と、保有期間内のガソリン代、リセールバリューを総合的に検討して、選択する必要があります。
他にも、スポーツカーなどでは限定版が発売されることがあり、一部のファン層からはプレミア価格の相場と
なることも多いです。
また、人気のカラーやオプションが付いている車も要チェックです。

SUZUKI エスクードをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、SUZUKI エスクードの買取相場について解説しました。
スズキは、プラットフォームを刷新することで得られた技術的な進化を、軽さに使うという方向に振っています。
よりボディを強固にして、衝突安全性能を高めることもできますが、世界戦略車の場合、軽くて燃費がいい方がトータルのセールスではメリットがあるということです。
4代目になって、完全にコンパクトSUVの地位を確立したエスクードをもっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。
車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング