NISSAN クリッパーの評判と車一括査定の相場比較・注意点

NISSAN クリッパー

NISSAN クリッパーは、日産自動車が販売していた軽ライトバンです。
その人気の秘密を紐解くべく、クリッパーのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

NISSAN クリッパーのコンセプトや特徴

NISSAN クリッパーは、2003年に三菱自動車からミニキャブバンのOEM供給を受ける形で発売されました。
なお、2012年1月にマイナーチェンジがなされ、それ以後のモデル名が「NV100クリッパー」となります。
よって、クリッパーとは、2003年から2012年1月までの三菱のミニキャブバンOEMのことを指します。
エンブレム等を除き、ミニキャブバンとの違いはなく、エンジンは3G83型直列3気筒で、5速MT、3速AT、4速ATが組み合わされ、相場は底値となっています。

NISSAN クリッパーの車一括査定相場

全体の平均買取価格

クリッパー全体の平均買取価格は¥101,147となり、新車のベースモデルが95万円で上級グレードだと140万円を超す車種ですので、相場としては、完全に底値となります。
どうしても年式が古くなってしまうことと、仕様の用途が主に仕事ですので、商用バン特有の状態のいい個体が少ないという事情もあります。
クリッパーのような車種は、主に個人経営の小規模な事業主などに使われており、走行距離が多くなる傾向にあります。
どうしても車内が汚れていることや、荷室に改造が施されていることも多いことから、どうしてもリセール相場が低くなる場合が多くなります。
また、個人ユーザーはどうしても4ナンバーの軽よりも、リアシートリクライニングや快適装備が充実している5ナンバーの軽を買う傾向が高いため、購買層も限定されてしまいます。
そうした事情があり、軽ライトバンの買取相場は、他の車種に比べて低くなりがちな傾向にあります。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

NISSAN クリッパーを高く売る為の注意点

NISSAN クリッパーをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

ペットなどで特殊な汚れが付かないようにする

当然中古車の査定には、内装の評価も含まれ、車内をきれいにするにも、それなりの時間とコストがかかります。
多少の汚れは仕方ないにしても、過度に汚い場合は査定額が大きく下がることもあります。
ペットを飼っている人であれば、可能であれば車にペットをのせないといったことも考えられます。
他にも子供が小さいうちは、車内を汚しやすいので、社外品のシートカバーや、足元に置く大きめのフロアマットを買っておくこともお勧めです。
こういった製品は、値段も手ごろの割には、車に汚れが付くのを防いでくれますので、コストパフォーマンスが抜群です。

リセールバリューを考えてグレードやオプションを決める

車はいずれ買い替えが必要になります。そこで、車を買う際には、何年か後の買い替えを想定して、リセールの相場を把握しておく必要があります。
例えば、中古車輸出の需要が高いトヨタプレミオでは、ある特定のグレードや排気量で、3年落ち時点で新車時に近い金額で売却できることがあります。
このように、リセールバリューには、グレードやオプションというのは大変重要なポイントですので、購入前にはよく検討してから決めることが重要です。

NISSAN クリッパーをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、NISSAN クリッパーの買取相場についてここまで解説してきました。
基本的に中身は三菱自動車が販売するミニキャブバンであり、フロントグリルなどを除けばグレード構成などもほぼ同一となります。
こうした軽バンの場合、需要が確実にある一方で、状態のいい個体が少ない傾向にあり、相場も状態によって非常に大きな差ができてしまう場合が多くなります。
さらに高く買取をしてもらいたいなら、「車一括査定」です。車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるので一番高い業者を選択することができとても便利です。
次の車の買い替えのための資金として、少しでも買取額を上げたい方は是非「車一括査定」を利用することをおすすめします。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング