車を高く売る!MITSUBISHI eKスポーツの車査定相場とおすすめ車一括査定

MITSUBISHI eKスポーツは、三菱自動車工業が販売していた軽トールワゴンです。
その人気の秘密を紐解くべく、eKスポーツのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

MITSUBISHI eKスポーツのコンセプトや特徴

MITSUBISHI eKスポーツは、2002年に初代が発売され、2006年に2代目へと進化したeKワゴンのスポーツモデルです。
eKシリーズで初となるターボエンジン、レカロシートがラインナップされ、外装もスポーティな味付けに変更されています。
トランスミッションはすべてコラム式ATであり、MTは未採用となっています。
他の装備面では充実しており、相場はノーマルのeKワゴンと比べると高めを推移しています。

MITSUBISHI eKスポーツの車一括査定相場

全体の平均買取価格

eKスポーツ全体の平均買取価格は\64,888となり、完全な底値相場となっており、ノーマルのeKワゴンの相場が大きく影響しています。
あくまでeKワゴンのスポーティーバージョンという位置づけであり、そこまで大掛かりなチューニングはされていないモデルです。
14インチタイヤを標準装備とするグレードは、全高が1,570mmとなるため機械式駐車場に入庫できないことや、当初eKワゴンで採用された電動スライドドアの設定がされないことも相まって、販売面で苦戦したモデルでもあります。
デジタルスピードメーターとアナログタコメーターを装備し、専用マフラーやディスチャージヘッドランプなどがされるなど、ノーマルのeKワゴンと比べ、装備面では明らかに充実しています。
2013年に生産終了になって以後、そのコンセプトは、三菱と日産の合弁会社であるNMKVが開発したeKスペース カスタムに引き継がれていくことになります。

MITSUBISHI eKスポーツを高く売る為の注意点

MITSUBISHI eKスポーツをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

リセールバリューを見極める

車の買替えサイクルは、通常は3年、5年、7年という車検の周期でやってきます。
徐々に車検時にかかる整備費用がかさんでくるため、3年や5年で手放した方が得との見方もできます。
その一方で、あまりの使い勝手のよさから、トヨタのハイエースのように、10年落ちでも200万円を超える相場を維持している車種もあります。
車種によって3年、5年、7年というように値下がり具合が変わってきますので、相場情報をまめにチェックする必要があります。

ガソリン車かハイブリッド車をよく考える

現行の多くの車種には、ガソリン車の他にハイブリッドモデルがあります。
当然リセールバリューはハイブリッドモデルが上になります。
新車価格の差と、保有期間内のガソリン代、リセールバリューを総合的に検討して、選択する必要があります。
他にも、スポーツカーなどでは限定版が発売されることがあり、一部のファン層からはプレミア価格の相場となることも多いです。
また、人気のカラーやオプションが付いている車も要チェックです。

MITSUBISHI eKスポーツをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、MITSUBISHI eKスポーツの買取相場について解説しました。
eKスポーツには、特別仕様車「Sound Beat Edition」も設定されており、出力360Wのハイパワー、別体アンプ、8スピーカーを搭載した「ハイグレードサウンドシステム」が標準装備されるなど、これまでの軽の域を超えたモデルも存在しました。
もっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

関連記事

SUZUKI キャリイ

SUZUKI キャリイの評判と車一括査定の相場比較・注意点

スペーシア カスタム

SUZUKI スペーシアカスタムの評判と車一括査定の相場比較・注意点

プレオ

SUBARU プレオの評判と車一括査定の相場比較・注意点

ステラ

SUBARU ステラの評判と車一括査定の相場比較・注意点

SUZUKI Kei

SUZUKI Keiの評判と車一括査定の相場比較・注意点

N-ONE

Honda N-ONEの評判と車一括査定の相場比較・注意点