MITSUBISHI デリカD:2の評判と車一括査定の相場比較・注意点

MITSUBISHI デリカ D:2は、三菱自動車が発売する大人気のトールワゴンです。
その人気の秘密を紐解くべく、デリカ D:2のコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

MITSUBISHI デリカ D:2のコンセプトや特徴

MITSUBISHI デリカ D:2は、2011年に初代が発売され、2015年に2代目へとモデルチェンジしました。
生産はスズキが行っており、スズキの3代目と4代目ソリオの完全なOEM版になります。
事実上は先代トッポBJワイドの後継であり、軽規格を引き延ばしたトッポBJワイドとは異なり、スライドドアを備える本格的な5人乗りミニバンとして位置づけられるものです。
相場は、新しい2代目の方が高い傾向にあります。

MITSUBISHI デリカ D:2の車一括査定相場

3年落ちデリカ D:2

3年落ちのデリカ D:2の平均買取価格は¥651,360となります
新車のマイルドハイブリッドモデルが178万円で上級のハイブリッドモデルだと230万円を超す車種ですので、値落ち率としては、約3分の1程度になっています。

5年落ちデリカ D:2

5年落ちのデリカ D:2の平均買取価格は¥471,850となります。
3年落ちからの値下がりが20万円程度であり、値下がり率が大きくなります。

全体の平均買取価格

全体の平均買取価格は¥627,680となり、ある程度良質な中古車が取引された結果、5年落ちよりも価格が上がり、高い相場となりました。
車名の「デリカ」は荷物を運ぶ車(=Delivery Car)の略です。
「D:2」の「2」は三菱自動車のモデルを5段階で区切った際、軽自動車の次に大きいということを意味しています。
兄貴分のデリカD:5が大ヒットを記録したため、同じコンセプトで作ればさらにヒットした可能性は捨てきれません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

MITSUBISHI デリカ D:2を高く売る為の注意点

MITSUBISHI デリカ D:2をはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

複数の買取業者に査定を依頼する

買取価格を高くするためには、複数の買取業者に査定を依頼することがポイントです。
相手の業者も必死に買い取らせてほしいと言ってくるでしょうが、ここはドライに対応することです。多くの人は買取の査定を一つの業者にしか依頼しない人も多く、一軒目ですぐに契約をしてしまう場合が実際には多いです。
しかし、車種によって、得意不得意もありますし、タイミングもあるため、他より高い査定価格をつけてくれる業者が必ずいるため、複数の買取業者に金額を出してもらうことが重要です。

故障や消耗品交換を放っておかない

例えば、ブレーキパッドは数万キロごとに交換の必要がある消耗品です。
また、ブレーキという重要保安部品ですので、交換を怠れば事故につながるおそれもあります。
しかも、ブレーキパッドを変えずに放っておくと、ブレーキシステム本体にも大きなダメージが行く可能性があります。
そのままの状態で売却しようとすると、ブレーキのオーバーホール分の値段が相場価格から差し引かれて、大幅に金額ダウンとなります。
ブレーキパッド自体は数千円のパーツですので、大きく損をする前に、小さなことから整備を怠らないことが重要です。

MITSUBISHI デリカ D:2をもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、MITSUBISHI デリカ D:2の買取相場について解説しました。
スズキのOEM版ということで、基本はソリオと同一であり、このサイズのミニバンがほしい人にとっては、三菱ブランドとして変えることで選択肢が広まったととらえることができます。
2代目は、ハイブリッドを搭載しており、相場も高値を維持していますが、もっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。
車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング