Honda バモス ホビオの評判と車一括査定の相場比較・注意点

バモスホビオ

Honda バモス ホビオは、バモスの派生車種として2003年に発売されました。
基本的には、それ以後現在まで15年近くもモデルチェンジしていないロングセラーの軽ワンボックスになります。それでは、バモス ホビオの特徴や人気の秘密、買取の相場価格について詳しく説明していきます。

Honda バモス ホビオのコンセプトや特徴

Honda バモス ホビオのコンセプトは、ゆったりハイルーフの大きな荷室です。つまり、バモスより約10cm天井高を上げたハイルーフ版であり、とにかく荷物を積むということに特化した車です。
しかも、ユーティリティーナットなどの装備を備え、自分で自由に荷室を改造して、好みに仕上げられる仕様になっています。
年数がまちまちであるため、相場も年式や状態によりけりですが、まさに遊びの車の頂点に君臨し続ける車です。
ちなみに4ナンバーのバモス ホビオProという車もラインアップされています。

Honda バモス ホビオの車一括査定相場比較

全体の平均買取価格

Honda バモス ホビオの全体の平均買取価格は¥826,448となります。
新車価格が130万円から150万円ということを考えても、非常に高値の相場を維持していることになります。
こういった相場を維持している理由の1つは、ライバルが何度もモデルチェンジする中で、現行ラインアッップとして、第一線で活躍し続けていることがあります。やはり、旧型モデルにならないことの強さが出ています。
次に、大胆なミッドシップレイアウトを採用したバモスの派生車種として、唯一無二の装備があることです。例えば、ユーティリティーフックやナットにパイプを通したり、ラックを組み合わせることで、自分専用の遊び車が完成します。他のライバル社の場合、車のボディに自分で穴をあける必要があるため、安全上もあまりおすすめできません。
こうした魅力が、バモス ホビオが現行であり続けられる理由であり、年数や走行距離が伸びてきても、高値の相場を維持し続ける理由でもあります。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

Honda バモス ホビオを高く売る為の注意点

Honda バモス ホビオをはじめ、中古車を高く売る為の注意点としては、以下のようなポイントがあげられます。

相場を自分で調べておく

相場の調べ方はいくつかありますが、例えば中古車情報サイトで、自分の車が今いくらぐらいで売られているかをチェックすることがお勧めです。多くの中古車情報サイトでは、相場機能といって、どれくらいの距離、年式がいくらぐらいで売っているかのマトリックスを表示する機能があります。
もちろん、愛車を売る金額と、次のオーナーが買う金額は、中間の業者の利益がありますのでイコールにはなりませんが、ある程度の予測は立てることができ、買取店との交渉にも有利な材料になります。

小さな故障や消耗品交換を放っておかない

例えば、ブレーキパッドは数万キロごとに交換の必要がある消耗品です。また、ブレーキという重要保安部品ですので、交換を怠れば事故につながるおそれもあります。しかも、ブレーキパッドを変えずに放っておくと、ブレーキシステム本体にも大きなダメージが行く可能性があります。そのままの状態で売却しようとすると、ブレーキのオーバーホール分の値段が相場価格から差し引かれて、大幅に金額ダウンとなります。ブレーキパッド自体は数千円のパーツですので、大きく損をする前に、小さなことから整備を怠らないことが重要です。

Honda バモス ホビオをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、Honda バモス ホビオの買取相場について説明してきました。
Honda バモス ホビオは、N-BOXが第一線で活躍する中でも、いまだに現役でその座を守り続けるバモスのハイルーフ版です。発売から15年近くたったユーザーから支持されるのは、圧倒的なスタイリングの良さと、拡張性の高さだと考えられます。バモス ホビオは、ホンダが目指す遊び要素が満載の車です。荷室の拡張性の高さは他に類を見ません。
そこで、Honda_バモスを高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。
車一括査定サイトなら一度に買取業者に依頼を出せるので比較できるのでとても便利です。
少しでも買取額を上げたいなら、ディーラーの下取りではなく、絶対に「車一括査定」がおすすめです。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング