Honda アクティトラックの評判と車一括査定の相場比較・注意点

Honda アクティトラックは、本田技研工業が発売する軽トラです。
その人気の秘密を紐解くべく、アクティトラックのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

Honda アクティトラックのコンセプトや特徴

Honda アクティトラックは、1977年に初代が発売され、1988年に2代目、1999年に3代目、2009年に4代目へとモデルチェンジました。
3代目のセミキャブオーバーから、4代目はフルキャブオーバータイプへと変更されるなどした関係で、最小回転半径は3.6mにまで向上し、本当の意味での使い勝手が考えられています。
エンジンは、これまで通りミッドシップに配置され、3代目のエンジンがそのまま継続使用されています。
なお、相場については、状態の良いものほど高値になる傾向が強くなります。

Honda アクティトラックの車一括査定相場

5年落ちアクティトラックの平均相場

5年落ちのアクティトラックの平均買取価格は¥282,133となります。
新車のベースモデルが79万円で上級グレードだと117万円を超す車種ですので、値落ち率としては大きめになります。

全体の平均買取価格

アクティトラック全体の平均買取価格は¥187,648となります。
こういった軽トラの場合、車両の状態や年式によってかなり買取相場に幅が出てくるのが通常になります。
しかも、いったん大きく値下がった後は、年式や走行距離が増えていってもほとんど相場が変化しないという状態が続くことが多くなります。
軽トラに限った話ではありませんが、一部の4WDなどの車種は、昨今の地方移住や、狩猟ブームの流れによって、常に一定数のニーズがあることがその理由の1つになります。
アクティトラックについては、もし売却を迷っている場合は、できるだけ年式が古くならないうちに買取を行ってもらうと、走行距離に関係なく思わず高値になる可能性があります。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

Honda アクティトラックを高く売る為の注意点

Honda アクティトラックをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

車内や車外をきれいにしておく

査定をする人間も、ロボットではありませんので、やはり車の状態がきれいだと、印象も変わります。
次のユーザーに売るにしても、内装や外装を仕上げるのにはコストや時間がかかります。
業者オークションで売却するにしても、内装がきれいだと、評価点数もあがり、当然オークションで高値が付きやすくなります。
普段から、自分の愛車をきれいにメンテナンスしておくことが、何年か後の売却時にもプラスに働きます。

小さな故障や消耗品交換を放っておかない

例えば、ブレーキパッドは数万キロごとに交換の必要がある消耗品です。
また、ブレーキという重要保安部品ですので、交換を怠れば事故につながるおそれもあります。
しかも、ブレーキパッドを変えずに放っておくと、ブレーキシステム本体にも大きなダメージが行く可能性があります。
そのままの状態で売却しようとすると、ブレーキのオーバーホール分の値段が相場価格から差し引かれて、大幅に金額ダウンとなります。
ブレーキパッド自体は数千円のパーツですので、大きく損をする前に、小さなことから整備を怠らないことが重要です。

Honda アクティトラックをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、Honda アクティトラックの買取相場について解説しました。
バンタイプが1999年からモデルチェンジしていない一方で、トラックはフルキャブオーバーになるなどの独自進化を遂げて、さらに使い勝手が向上しています。
日本の道路事情を考慮すれば、下手な普通車の4WDよりも狭い道で小回りがきく軽トラックの方が、逆に走破性という意味では優れている場合が多く、それが人気の秘密になっています。
もっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング