車を高く売る!DAIHATSU ハイゼットカーゴの車査定相場とおすすめ車一括査定

DAIHATSU ハイゼットカーゴは、ダイハツ工業が販売する大人気の軽バンです。
その人気の秘密を紐解くべく、ハイゼットカーゴのコンセプトや特徴を紹介し、車一括査定した場合の相場とは一体どれ位の買取額になるのか、詳しく説明いていきます。

DAIHATSU ハイゼットカーゴのコンセプトや特徴

DAIHATSU ハイゼットカーゴは、1960年に初代が発売され、2004年に10代目へとモデルチェンジしたダイハツを代表する商用バンです。
ハイゼットカーゴには、軽商用車初のハイブリッドモデルが発売されるなど、大きな話題を呼んだモデルになります。
旧型と比べて、デザインが一新され、ホイールベースが2,450mmに拡大されたことにより走行安定性が向上しました。
相場は年式が高いほど高値で取引されています。

DAIHATSU ハイゼットカーゴの車一括査定相場

3年落ちハイゼットカーゴの平均相場

3年落ちのハイゼットカーゴの平均買取価格は\386,270となります。
新車のベースモデルが93万円で上級グレードだと140万円を超す車種ですので、値落ちとしては標準的になります。

5年落ちハイゼットカーゴの平均相場

5年落ちのハイゼットカーゴの平均買取価格は\375,842となります。
3年落ちからの値下がりがほとんどありません。

全体の平均買取価格

ハイゼットカーゴ全体の平均買取価格は\254,717となり、まだまだ高値の相場で推移しています。
2004年の登場からフルモデルチェンジが行われておらず、いささか基本設計の古さが隠せないのも否めませんが、まだまだ人気のモデルです。
このカテゴリーでは今は珍しくなったFRレイアウトを採用しており、サスペンションはアトレーワゴンと同じ3リンク式になり、スイッチ1つで2WDと4WDが切り替えられるなど、まだまだ現役で使用するに問題のない性能を誇っています。

DAIHATSU ハイゼットカーゴを高く売る為の注意点

DAIHATSU ハイゼットカーゴをはじめとして、車の買い替え時に高額査定を引き出すには、共通する注意点がありますので、詳しく説明します。

次の売却を考えてグレードやオプション、色を決める

車を買う際には、次の車への買い替えを想定して、売却相場価格を把握しておく必要があります。
例えば、日本からの中古車輸出の需要が高いランドクルーザーなどの場合、ある特定のグレードや排気量、オプションをつけることで、値下がりが小さくなる傾向があります。
このように、リセールバリューには、グレードやオプション、色というのは実は大変重要なポイントですので、購入前にはよく検討してから決めることが重要です。

年度末をねらう

年度末である3月は多くの会社にとって決算期であり、どの会社も売り上げを伸ばそうとする時期です。
ちょうどその時期に、進学や就職などで車が必要となる人が多くなり、1年のうちで中古車が最も売れる時期になります。
つまり、車業界にとっては、ここが一番の書き入れ時になり、相場も高くなります。
特に中古車の買取店は競争が激しい業界ですので、どのお店もライバルよりも買取台数を伸ばそうと必死です。
年度末である3月にターゲットをしぼり、少し早めから愛車の売却を計画すると、高く売れるチャンスも広がります。

DAIHATSU ハイゼットカーゴをもっと高く売りたいなら車一括査定!

以上、DAIHATSU ハイゼットカーゴの買取相場について解説しました。
ハイゼットカーゴを乗用車に仕立てたものがアトレーワゴンとなりますが、ハイゼットカーゴにもクルーズと呼ばれるグレードがあり、リアシートはワゴンタイプのものが装着されます。
軽バンモデルでは、意外とクルーズのようなグレードが高く取引されることも多いので注意が必要です。
もっと高く買い取ってもらいたいなら、「車一括査定」です。車一括査定サイトなら一度に複数の買取業者に依頼を出して比較できるのでとても便利です。
次の車の買い替え資金として、少しでも買取額を上げたいなら絶対に「車一括査定」がおすすめです。
相場が高い車こそ「車一括査定」を利用しない手はありません。

関連記事

SUBARU‗サンバー

SUBARU サンバーの評判と車一括査定の相場比較・注意点

ハスラー

SUZUKI ハスラーの評判と車一括査定の相場比較・注意点

タウンボックス

MITSUBISHI タウンボックスの評判と車一括査定の相場比較・注意点

車を高く売る!MAZDA スクラムの車査定相場とおすすめ車一括査定

ミラジーノ

DAIHATSU ミラジーノの評判と車一括査定の相場比較・注意点

デイズルークス

NISSAN デイズルークスの評判と車一括査定の相場比較・注意点