車買取査定で高値がつく輸出に強いトヨタ車3選

日本人は、世界でも稀にみる車を買い替えることが大好きな国民です。人によっては、新車で買って3年おきに買い替えないと気が済まないなんて人もいます。一方で海外に目を向けると、まず海外には10年10万kmという常識は存在しません。そんな中でも車買取査定で高値がつくのは、圧倒的にトヨタ車なのです。

新しい車しか売れない日本の特殊事情

ごく小さな故障でも気になって、新車と同じような状態でないと気が済まないのも日本人の特徴です。

10年10万kmという常識は海外には存在しない

日本人の一般的な生活事情から行くと、年間の走行距離が1万km程度になり、昔の車に採用されていたタイミングベルトの交換時期が10万kmであったため、日本ではいつの間にか10年10万kmが限度となってしまいました。海外では、車は高価な所有物であり、壊れて走行不能になるまで乗り続けるのが一般的です。未舗装の道路も多い海外では、多少の故障については気にもされません。よって、日本では人気のない車も、海外では高値で取引されることが多くあるのです。

輸出に強い中古車トヨタハイエースについて

トヨタハイエースとは、1967年に初代が発売されたキャブオーバー型の商用車です。

トヨタハイエースとは

現行型は2004年から継続して販売されています。通常の乗用車は、モデルチェンジをしない限り、徐々に販売台数が落ちていきます。ライバル車種がどんどん新しい機能を備えた車を発売することもその一因です。ハイエースは、そんな常識を覆し、モデルチェンジをしなくても需要が落ちません。ハイエースと一概に言っても、人がたくさん乗れるモデルや、荷物がたくさん載せられるモデルなど、多種多様なバージョンが存在します。

世界中で需要が高いハイエース

トヨタのハイエースは、一部の先進国を除いて、世界中に輸出されています。乗用車と違って、商用車はどんな国でも必ずニーズがあります。東南アジアではミニバスのような使い方もされており、タイではトヨタが生産工場を作ってしまったほどです。しかも、トヨタの信頼性の高さはすでに全世界中で証明済みであり、使用環境が過酷であればあるほど人気が高くなるのです。

ハイエース売却時のポイント

ハイエースを売る時は、複数業者に査定に出すことがおすすめです。しかも似たような形態の業者だけではなく、輸出に強い業者なども入れた上で査定見積もりを取得することがおすすめです。その際は、すぐに型式などを答えられるように、車検証などの書類を手元においてから連絡するようにしましょう。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

輸出に強い中古車トヨタプレミオについて

トヨタプレミオとは、コロナの後継車として販売されている4ドアセダンです。

トヨタプレミオとは

現行モデルは2007年から販売されているロングセラーです。基本的に日本国内専用車であるため、海外への正規輸出は行われていません。また、5ナンバー4ドアセダンというのは、日本で最も不人気なカテゴリーです。でも、そんなプレミオも海外での需要が非常に高い特殊な車なのです。

世界中で需要が高い需要が高いプレミオ

プレミオの人気が高いのは、主に右ハンドルの国です。右ハンドルの国の中でも、スリランカ、バングラデシュなどで絶大な人気があります。他にも、ミャンマーやマレーシア、オーストラリアやニュージーランド、他にもケニアなどのアフリカ諸国にも引き合いが強くなります。

プレミオ売却時のポイント

プレミオを売る際には、自分が売る個体が高値相場で取引されるのかどうかを確認する必要があります。というよりも、プレミオを購入する時点で、高値で売れるモデルを購入するのが絶対におすすめです。プレミオならなんでも高値が付くわけではありません。その条件の1例を挙げると、排気量は1,500ccであること、リアワイパーが装着される寒冷地仕様であることなどであり、ボディカラーや年数にも細かい条件があります。それでも、条件さえよければ、新車価格の90%を超える高値相場が付くこともあるため、売る前には書類を確認してみることが重要です。
?

輸出に強い中古車トヨタランドクルーザーについて

トヨタランドクルーザーとは、トヨタが世界に誇るキングオブSUVです。

トヨタランドクルーザーとは

トヨタランドクルーザーの耐久性の秘密は、ラダーフレーム構造という車の基本的な造りにあります。ラダーフレームとは、その名前のとおり、はしご型に組んだ高剛性のフレームに、足回りやエンジンを搭載し、キャビンはあくまで上に載せるだけという構造です。これは悪路を日常的に走行する環境で大きな差を生みます。通常の車は、モノコックボディといって、フレームの役割をボディ全体で担い、衝撃もボディ全体で吸収する構造を採用しています。

ランドクルーザー売却時のポイント

トヨタランドクルーザーを売る時は、事前に相場をチェックする必要があります。実際にはもっと高く売れる価値があるにも関わらず、そういった事情に詳しくない業者に売却した場合、大きな損をすることもあります。まずは、自分の車の書類を確認し、買取相場をよく調べることで、お得な車の売却をすることができます。

車買取査定で高値がつく輸出に強いトヨタ車3選のまとめ

いくらトヨタ車の中古車が人気だと言っても、中古車の輸出には様々な規制があります。その1つが年式規制です。主に環境面での配慮から、初度登録から何年以内でないと輸入できないというルールがあります。相場についても年式が大きく影響する可能性があることを念頭に置いておくことが必要です。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング