車買取査定のリサイクル料金についての注意点

新車であれ中古車であれ、車を買う際の見積りは、リサイクル料金というものが含まれた見積り金額になっています。

見積書には細かい諸経費がたくさん書かれているので、ついつい見落としてしまいそうになりますが、決して少なくない額が計上されているので、今一度見返してみると確認できるはずです。

リサイクル料金とは

実は、知らないうちに支払っているリサイクル料金という費用があります。

リサイクル料金のコンセプト

新しく製造された自動車でも、いつか廃車となり、解体されることが通常の流れです。

しかしながら、フロンを含んだエアコンやエアバッグ、鉄やプラスティックで構成されている自動車の解体やリサイクルには多額の費用が必要です。

そこで、自動車の所有者がそれらの費用を負担するように規定したのが自動車リサイクル法であり、その費用がリサイクル料金になります。

自動車リサイクル法の概要について

自動車リサイクル法では、関係事業者を厳しくルール化する一方で、排出者責任として、自動車の所有者が処理費用を負担するという仕組みになっています。

リサイクル料金の所有者負担

自動車の処分が有料化となる場合、最終的な所有者にとっても、価値のない車に処分費用をかけるのがもったいないという気持ちになってしまいます。

そこで、車の売る時ではなく、購入時にリサイクル料金を預託しておき、財源的な担保をすることで、使用済み自動車が山の中などに不法投棄されずに適性に処理される流れができるのです。

リサイクル料金について

リサイクル料金は、自動車のモデルやグレードによって、それぞれ異なる料金が設定されています。

自動車メーカーがシュレッダーダストの発生量、フロン類の充てん量、エアバッグ類の個数や取り外しにかかる工数などを元に算定しています。

また、リサイクル料金を支払うと、リサイクル券という書類が発行されます。

通常は車検などの書類と一緒に保管されることが多く、売却時以外に求められることはありませんが、非常に重要な書類なので、紛失しないように注意が必要です。

リサイクル料金はリサイクル券に記載がされていますが、自動車リサイクルシステムのWebサイトから、車台番号などの情報を入力することにより検索することも可能になっています。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

リサイクル料金の負担の仕組み

自動車リサイクル法は、二輪車や特殊自動車を除く全ての自動車が対象となり、リサイクル料金が発生します。

リサイクル料金の内訳

リサイクル料金は、シュレッダーダスト料金、エアバッグ類料金、フロン類料金で構成されます。

概ね7,000円から18,000円程度であり、通常は大きな車ほどリサイクル料金が高くなる傾向があります。

リサイクル料金の負担とは

リサイクル料金は、原則として、新車購入時に購入者が負担することになります。

もし仮に新車の購入者が解体まで保有し続ければ、お金の流れは単純です。

しかし、中古車として売られ、所有者が移転する場合は、リサイクル券を次の所有者に引き渡す代わりに、リサイクル料金を元の所有者に支払うというのがルールになります。

あくまで原則としては、リサイクル料金を最終所有者が負担するということです。

中古車売却時の注意点

リサイクル料金については業界の統一ルールがないので注意が必要です。

リサイクル料金の現状

リサイクル料金は、最終所有者が負担するのが原則であり、自動車の売買の時は、その金額を別にプラスして取引するのが原則になります。

しかしながら、買取業者の見積もり金額の中に、こういったリサイクル料金が含まれているかどうかについては、業界の統一ルールがなく、不透明な一面もあります。

見積もりの確認が必要

確かに重要なのは、自分の車がいくらの価値があるかということですが、自分が支払ったリサイクル料金については、売却した自分に戻してもらうのが原則です。

まずは、買取業者に対して、提示された見積もり金額が、リサイクル料金を含んでいるのか、リサイクル料金を含んでいないのかを確認することが非常に重要です。

1万円から2万円程度の金額ですが、逆に査定金額でも、あと数万円のところで売るかどうか悩んでしまう場合も多いものです。

そういった時に、リサイクル料金が含まれているかいないかは、大きな差となって表れてきます。

自分の愛車を売る時に、こういった不透明な経費はリサイクル料金だけではありません。

まとめ

自動車というのは、クルマ単体での価値のほかにも、自動車税や自賠責保険なども付帯しています。

これらの費用については、年度や車検の残りの期間分をすでに自分が払っているのですから、正当な対価を返してもらうのが原則となります。

買取業者ともよく確認をして、小さいところで損をしないような車の売却をおすすめします。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

関連記事

車買取査定でナビを取り外した場合の影響とは

車買取査定でナビを取り外した場合の影響とは

NO IMAGE

車買取査定における修復歴とは?

NO IMAGE

年式が古くても高額査定が期待できる趣向性の高いクルマ

故障車でも車買取査定はできるの?

故障車でも車買取査定はできるの?

車一括査定による営業電話を回避する方法とは?

車一括査定による営業電話を回避する方法とは?

車買取査定に手数料は必要?あまり気にしなくて言いワケとは?

車買取査定に手数料は必要?あまり気にしなくて言いワケとは?

車買取査定のリサイクル料金についての注意点|車一括査定サイト比較ランキング@車売り隊.com