走行距離が短ければ買取査定額は高額?車の買取査定と走行距離の関係

車の買取査定において走行距離は重要な要素です。

査定における要素の中でも比較的大きなウェイトを占めるものです。

一般的に走行距離が長いと査定額は低く、短ければ高い傾向にあります。

これは車は走行距離を重ねれば重ねるほど、さまざまな部品が劣化したり消耗したりするからです。

このため走行距離はある程度車にとって寿命の目安となるのです。

車の買取査定の場合は走行距離は必須のチェック項目と考えてよいでしょう。

車の買取査定における査定項目

では、具体的に走行距離と査定額の関係はどんなものなのでしょうか。

車の買取査定において買取金額を左右する項目には以下のようなものがあります。

  1. 年式
    • 年式は、車の買取査定において重要な項目ですが、車種の人気やグレードによっても左右されるため、一概に古いからといって買取査定に影響するとはいい切れません。
  2. 車両の内・外装の状態
    • 内外装はもちろんきれいに越したことはありません。
      傷や汚れがある車を好んで選ぶ人はいないからです。
  3. 事故歴・修復歴
    • 事故歴は「事故をしてしまった経歴」のことで修復歴とは違います。
      修復歴とはフレームなど車を構成する重要な部分を修理した経歴のことです。
      このため、事故歴の場合は買取査定に大きな影響はありませんが、修復歴となると車の価値は大きく損なわれます。
  4. 需要
    • 需要は市場原理ですから、査定以前の問題となることもあります。
      人気がありさえすれば、車両の状態が悪く、事故歴があっても高値が付く可能性があるのです。
  5. 走行距離
    • 一般的に最も重要視されるのは走行距離です。
      走行距離には目安があり、10万キロ以上は過走行車、5万キロ以上だと多走行車と分類されます。

走行距離が10万キロを超える場合

まず10万キロ以上走行している車の場合ですが、一般的に車は10万キロ以上走行すると故障しやすくなると考えられ、多くの場合は廃車となります。

ただし、最近の車は性能が向上し、過走行車であっても走行に支障がない車は少なくありません。

10万キロどころか倍の20万キロを走行する車さえあります。

このため、仮に10万キロ以上を走行している車を売却したい場合には、特に海外に販路を持つ中古車買取業者を見つけるとよいでしょう。

これは海外ならば日本車は故障しにくいとされて人気があるため、たとえ10万キロを超えていても需要があるからです。

このほか状態があまりよくなくても車を解体してパーツとして再利用できるケースもあります。

買取業者にとってはたとえ走行に支障があるような車でも、買取るメリットはあるのです。

ただしこの場合ディーラーでの下取りではなく、車買取店で査定をしてもらいましょう。

ディーラーの下取りの場合過走行車ではほとんど値がつかないことがあります。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

高値買取は5万キロが目安

一方、買取査定においてある程度の金額を望むのであれば、5万キロという数字がひとつの目安となります。

買取業者側も5万キロを基準に査定する傾向があり、走行距離が5万キロに達していなければ比較的高値で買取ってもらえる可能性があります。

ただし、最近の車は耐久性も向上しているため、5万キロで手放すことはあまりないかもしれません。

5万キロは1年間に平均1万キロずつ走行したとして、5年で迎える数字です。

車を5年のサイクルで買い替えるというのは少し早いと感じるかもしれません。

ただ、買取査定において有利なのは5万キロが目安となるのです。

走行距離が少なすぎると査定が低くなる可能性も

では、走行距離がさらに少ない場合はどうなのでしょう。

走行距離がのびるごとに査定額が下がっていくのなら走行距離は少なければ少ないほどよいのではないかと考えがちです。

しかしながら、走行距離が短すぎると逆に査定額が低くなる場合があるので注意が必要です。

車は走行すればするほど劣化や消耗するものですが、乗らずに放置しておいても劣化していきます。

むしろ金属部分が錆びたり、タイヤをはじめとしたゴム部分が傷んだりと、走行していないほうが状態が悪くなる可能性もあります。

このため、買取査定において大切なのは年式に見合った走行距離です。

年式が新しく、走行距離も少ないのであれば問題はありませんが、年式が古く、走行距離が少ないと、車両に不具合が起こる可能性があるとして、査定額も低くなってしまう場合があります。

まとめ

このように、買取査定においては走行距離は車の状態を判断する一つの目安とされています。

言い方を変えると、車の状態がよければ査定額は高くなるということです。

特に過走行車や多走行車の場合、日頃のメンテナンスも重要も重要になってきます。

例えばエンジン部品の一つであるタイミングベルトは走行距離が7万キロから8万キロに達したあたりで交換を検討するとよいでしょう。

故障の可能性を低くすることで、高値買取が期待できるかもしれません。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

関連記事

NO IMAGE

初心者でも安心!車買取査定のやり方を徹底解説します

NO IMAGE

廃車も売れる!知って得する廃車査定の豆知識

モデルチェンジの影響は大きい!車買取査定の注意点

モデルチェンジの影響は大きい!車買取査定の注意点

NO IMAGE

事故歴があっても車買取査定をあきらめる必要はない理由まとめ

2chの車買取査定情報はあてにならない?注意したいポイントは

2chの車買取査定情報はあてにならない?注意したいポイントは

車買取査定は契約書のチェックが重要?見極めのポイントは

車買取査定は契約書のチェックが重要?見極めのポイントは

走行距離が短ければ買取査定額は高額?車の買取査定と走行距離の関係|車一括査定サイト比較ランキング@車売り隊.com