車買い替えにおいて忘れがちになってしまう自動車保険の手続きとは

ビジネスや日常生活、そしてアクティビティー等あらゆる面で車は欠かせない存在となっています。

でも家族が増えたりグレードの新しい車が欲しいなんて時に多くの方が買い替えを行いますよね。

でも買い替えには行わなければならない多くの事が存在しているのです。

車を買い替えたらするべきことは?

車を買い替えたらすぐに乗りたいなんて方も多いですよね。

でもまず買い替える前に乗っていた車の自動車税の自動車税をしっかりと収めているのかを把握する事も重要となります。

自動車税は毎年4月~5月頃にハガキ等で郵送されてきます。

この自動車税が収められていない場合には自動車税納税証明書が発行されていない状態となってしまい、自動車そのものの売却が不可能となってしまいます。

この自動車税納税証明書は名義変更時に欠かせない書類の一つともなっています。

その為、未払いの場合にはしっかりと納税し、自動車税納税書を発行してもらう事が重要です。

さらに発行された自動車税納税証明書をしっかりと把握出来るところに保管する事も大切です。

納税はしっかりと行っているけれども紛失してしまったなんて方も多くいらっしゃり再発行までに大きな時間が掛かってしまいます。

そうなると車の買い替え自体も遅延してしまうため、重要書類としてしっかりと保管する事が重要となります。

車を買い換えたら自動車保険の「車両入替」の手続きが必要

買い替えを行いさあ新しい車で出発しようとしてしまう方は多くいらっしゃいますよね。

でも重要なことを忘れてはいませんか?
それは保険の入れ替えです。

これが「車両入替」と言う手続きです。

これまで乗車していた車にも事故対応時の補償を行ってくれる自動車保険に加入していると思われます。

でもこの自動車保険、新しい車を買い替えたからといって自動的に移行するシステムではないのです。

自動車保険は乗車している車にのみ対応となる保険です。

契約を行っている車だけとなる事は買い替え時に新しい車に対する保険の手続きを行う事で買い替えた車の保険が適用されるのです。

その為、買い替え時には無保険状態となっており、この状態で車を使用してしまい万が一事故を起こしたり遭ったりしても一切の保障が無い状態となってしまい大事に繋がってしまいます。

買い替えを行い、納車されるまでに期間があるのであればその間に載せ替えの対応を行い、すぐに納車された場合には手続き完了まで乗車を我慢する事が自身にとっても他のドライバーにとっても重要な事となります。

この保険は買い替えのみならず、他の人から車を譲渡された場合も同じとなります。

つまり新しい車に乗り替えする都度、手続きが必要となってくるのです。

車を買い替えて自動車保険の車両入替ができる条件とは?

科車の買い替えによって自動車保険の車両入替を行わなければならない方は多くいらっしゃると思われます。

でも車両入替にも多くの条件があるのです。

  • 車両所有者が以前の所有者と同一人物であること
  • 契約中の自動車保険記名が被保険者であること
  • 契約中の自動車記名が被保険者の配偶者であること
  • 契約中の自動車記名が被保険者の同居家族であること

※ローン利用中においてはディーラーやローン会社が所有者として記載される為、これらのうちどれかが該当していれば問題ありません。

また入替前後の用途や車種がいずれかに該当している事も条件となってきます。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 特種用途自動車(キャンピング車)

ただこれまでこれらに該当しないという理由で車両入替が行えなかったという話はほとんどなく、普段の生活や仕事の出退勤等で使用する車の車両入替は全く問題なく行う事が出来るため、大きな心配は必要ありません。

また車両入替後の車両が以下の条件であることも重要となります。

  1. 新たに購入したかもしくは譲渡された車両なのか
  2. 新たに1年以上のリース契約をした車両なのか
  3. 他契約から吐き出された車両なのか

※車をすでに所有している状態で追加で車を購入した際、新規で保険加入するのではなく車両入替で対応する事もあるのです。

しかし長い期間放置された元の車は自動車保険が付いていない状態となってしまいます。

、この様な車の状態を「吐き出された車」と言われています。

つまり吐き出された車やレンタカー、さらには一時的にレンタル状態となっているレンタカーでは車両入替は不可能となるのです。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

車を買い替えて自動車保険の車両入替するために準備するもの

自動車保険の車両入替手続きには多くの重要書類が必要とされています。

まずは車検証です。

納車前でも自動車保険の入替手続きは可能となっていますので、車検証が手元にない場合には購入場所となるディーラー等へ問い合わせる事で車検証のコピーをもらったり契約時の売買契約書にも情報が記載されています。

車両保険入替における必要な情報は以下となっています。

  • 入替後の車種・メーカー名
  • 型式
  • 初年度登録年月日(製造年月日同様)
  • ナンバープレート番号
  • 車台番号(製造年月日同様)
  • 入替後の所有者
  • 入替後の使用者

※これらの情報が手元にある事で車両入替の手続きを進める事は可能となっていますが、最終的には車検証を提出する必要があります。

次にクレジットカードです。

クレジットカードは入替前と入替後の自動車保険料の差額を支払う為に必要となります。

ただ支払い方法には銀行振り込みやコンビニ支払いも可能となっており、これらの支払方法で対応する場合にはクレジットカードの用意は不要となります。

次に入替後の車の積算距離数値です。

特に中古車を所有する場合には購入時点での走行距離の数値も重要な要素となります。

購入時にしっかりと確認する事が大切です。

車を買い替え後の自動車保険の車両入替手続き手順

自動車保険の車両入替手続きは複雑そうと感じる方も多いと思われます。

そこで簡単に手続きの流れをご紹介します。

  • 車検証もしくはコピーを用意
  • 納車日を決定させる
  • 契約中の保険会社へ問い合わせもしくはログイン
  • 変更内容箇所を伝えるもしくは書き込む
  • 変更による保険料の差額を積算後手続き終了

※自動車保険入替の手続きを忘れてしまう方も多々いらっしゃいます。

その為保険会社によっては万が一、手続きを忘れていても30日間は入替前の保険で対応出来るプランを実施してい所もあります。

しかしあくまで30日間だけの起源となる為、入替後には忘れずに手続きを行う事が重要となります。

車を買い替え後の車両入替で保険料は上がるの?

新しい車に買い替え後に保険料はこれまでより安くなるのか疑問を感じる方は多くいらっしゃいます。

保険料は安くなる事もありますが、多くは保良が上がる事のほうが多いのです。

なぜなら等級アップは入替た日付から1年後になってしまうからです。

入替前だと無事故の場合、すでに等級アップされている方も多くいらっしゃいます。

しかし入替によって等級アップのスタートがリセットしてしまう事で入替から1年後に安くなる事となってしまい、トータルすると上がってしまう可能性が多いのです。

その為、多くの方が車両入替時にいままでよりも保険料が安い保険会社へ移行する事も多いのです。

車を買い替えの車両入替手続きを忘れてしまったら?

車両入替手続きを忘れてしまった場合に万が一事故にあったらどうしようなんて不安もよぎりますよね。

まず事故を起こしたり遭わない為にも手続き自体を忘れてしまった場合には乗車する事を止める事が重要です。

そして保険会社でしっかりと手続き完了後に乗車する事です。

しかし万が一事故を起こしてしまった場合保障が無いとあきらめてしまう方もいらっしゃいます。

しかし入替後30日間は入替前の保険が適用される特約が付帯している契約であれば保障の対象となります。

ただ入替後30日感という有効期限がある為、この時期以降は保障は全くされない為、入替時の手続きをしっかりと忘れず行う事が重要です。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

関連記事

NO IMAGE

廃車も売れる!知って得する廃車査定の豆知識

高額は期待できる?スバルと車買取査定

高額は期待できる?スバルと車買取査定

NO IMAGE

ハイブリッド車のコスト高を相殺するには買取査定がカギ

NO IMAGE

車買取査定における車を売る際の税金還付について

きちんと揃えておきたい!車査定・売却で必要なものとは?

きちんと揃えておきたい!車査定・売却で必要なものとは?

車買取査定のディーゼル車の扱いは?意外と高くなるのには理由がある

車買取査定のディーゼル車の扱いは?意外と高くなるのには理由がある

車買い替えにおいて忘れがちになってしまう自動車保険の手続きとは|車一括査定サイト比較ランキング@車売り隊.com