愛車を高く売る!押さえておきたい売る時期とタイミング

愛車の売却は、車の買い替えの際には必ずと言って良いほど行うことになります。

年式や車種、走行距離など、車の状態に左右される売却額ですが、査定の要素の一つに「時期とタイミング」があります。

この記事では、愛車を高く売るために押さえておきたい、買取額が高くなる「時期」と「タイミング」をご紹介します。

車が高く売れるタイミングを押さえることで、売却額を引き上げる

ではまず、高く売れるタイミングとはどのような時期なのでしょうか?
経済的な観点から考えると、「需要と供給」を意識することで、高く売れるタイミングがわかりやすくなります。

「今売ろうとしている愛車を、誰かが欲している時期」という考え方ができます。

この時期はどうやって判断するのかは、自動車販売店を見ることでわかります。

自動車販売店はその経験と業界の流れから、「これから売れる車」「需要が高い車」を読み取り、対象の車を外からよく見える位置にディスプレイします。

つまり、「販売店の目立つ位置にある車」が、「現在高く売れる車」と考えることができます。

簡単な判断方法の1つとして、「その位置にある車が自分の持っている車と同じ系統の車に変わった瞬間」が、車が高く売れるタイミングとなります。

同時に、「その車が売約される瞬間」も見逃してはいけません。

人気車が購入されると、納車までの間には「売約済」というプレートを展示車に掲げる販売店が多いです。

「売約される」ということは当然、「誰かが購入した」ということです。

車という大きな買い物で、即決して購入できる人は多くありません。

そのため、悩んでいる間に他の人が購入してしまう、ということがよくあり、自分が悩んでいる間に購入された、ということを悔やむ人が出てきます。

そして、そういった「悔やむ人」は、同じ車が再度売りに出されると「今度は絶対に買う」と即断する傾向にあります。

「別の誰かが購入した」という企業側の実績、「次は先を越されないようにしよう」という消費者側の心理が合致するタイミングを見逃さず、その瞬間に売りに出すことで買取額が高くなります。

車を高く売る時期の中でさらにGOODな買取タイミング

また、高く売るためには、上記のような規模の小さな流れに加えて意識すべき経済の流れがあります。

それは「決算時期」と「新規免許取得者の増加する時期」の流れです。

決算時期には、企業は還元のために多くのお金を払うようになります。

そのため、上半期・下半期決算の時期には車の買取額が高くなる傾向にあります。

また、卒業・就職と同時に車に乗れるように、自動車免許の取得をする学生が急増します。

その学生たち・学生の親が車の購入を真剣に考えるタイミングである、1月?の時期も企業の買取額が上がります。

後者のタイミングでは、需要が供給を上回ることも珍しくなく、車を高く売る時期としてとてもGOODと言えます。

また、乗用車・ファミリーカーと、SUVのようなアウトドアカーには更にGOODなタイミングがあります。

ボーナス時期の直前である7月と11月は、乗用車やファミリーカーの買取額が高くなります。

家族のためや、趣味のため、ボーナスをきっかけに車を買い替える人が増えるタイミングです。

SUVのようなアウトドアカーは、6月や10月がGOODです。

夏場と冬場のアウトドアシーズンには、海でも雪山でも対応できる4WD仕様の車や、アウトドアなイメージの車の需要が高まります。

用途ごとに車を買い替える人向けに、企業も在庫車として車を仕入れる必要があります。

この時期は、性別年代を問わず買い替える人が多くなる時期であり、全体的に経済が流れる時期となりますので、GOODな買取タイミングと言えます。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

高額査定につながるかもしれない「プラスポイント」

さて、これまでにご紹介したのは、「時間(年月)」や、「商売の流れ」といった観点で、愛車を高く売る時期とタイミングをご紹介しました。

次に、「自動車本体」を観点に、「高く売るためのプラスポイント」をご紹介します。

車を売る際に、自動車の状態として見られるのは、大きく分けて「どれだけ綺麗で」「故障していないか」という点です。

高額査定につなげるために積み重ねる必要のある「プラスポイント」は、いわゆる先行投資も必要となります。

「1万円以下でできる整備は売却前に行うこと」がその先行投資にあたります。

オイルやブレーキパットという消耗品はもちろんですが、バッテリーや各種ベルト、シャフトブーツといった車の駆動系統に深く関わるポイントは売る前に新品交換してしまいましょう。

その整備はどれも基本は1万円以下でできますが、この部分が新品になっていることで外観も良くなり、結果的に査定額が1万円以上高くなります。

また、傷や凹みがある場合も、範囲が小さければできるだけ直しましょう。

車の外観や内装を綺麗にすることは、査定額をあげる代表的な方法です。

また、日常的に積み重ねることができる「プラスポイント」は、「整備記録をしっかり記帳すること」です。

「どんな整備を、どこでいつ行ったか」が眼に見える記録として残っていれば、査定額に良い影響を与えます。

もちろん、買い替えのタイミングで故障している部分があれば、しっかりと修理してから売却しましょう。

改めてチェックしたい「マイナスポイント」

当然ですが、売却額が下がる「マイナスポイント」も存在します。

「プラスポイント」を積み重ねることにより、相対的にこの「マイナスポイント」も減りますが、日々の意識が大切です。

車内を綺麗にするのであれば、「車内喫煙」は厳禁ですし、その他にも「事故歴」「足回りの重大な故障」「エンジン周りの重大な故障」の履歴が残っている場合は、マイナスとなります。

もちろん、重大な故障があったとしてもしっかり修理していればマイナスにはならないこともあります。

自分で買った自分だけの愛車とはいえ、買い替えが検討されるのであれば日々の運転時から安全運転を、清潔な車内を維持することを心がけましょう。

一気に査定結果が分かる「車一括査定」もおすすめ

さて、今までは買い替えの際の下取りや、自動車販売店への売却を前提としてご紹介しました。

みなさんは「車一括査定」をご存知ですか?
これは車買取の専門業車が行う買取方法で、消費者が積み重ねたプラスポイントを全て加味し、即座に査定結果を出してくれます。

この方法を行うことにより、「買い替えのため」という売却方法ではなく、「車の売却」という点にのみ絞って査定を出してくれます。

つまり、「完全に車の価値を査定」することができます。

この査定方法では、他社の査定額よりも高くなることも珍しくないので、「車一括査定」の方法もおすすめです。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

関連記事

車買取査定は契約書のチェックが重要?見極めのポイントは

車買取査定は契約書のチェックが重要?見極めのポイントは

車買取査定で気をつけるべきパーツのこと

車買取査定で気をつけるべきパーツのこと

車買取査定でのタイヤの扱いは?スタッドレスだとプラスに?

車買取査定でのタイヤの扱いは?スタッドレスだとプラスに?

NO IMAGE

年式が古くても高額査定が期待できる趣向性の高いクルマ

車買取査定でナビを取り外した場合の影響とは

車買取査定でナビを取り外した場合の影響とは

NO IMAGE

走行距離が短ければ買取査定額は高額?車の買取査定と走行距離の関係

愛車を高く売る!押さえておきたい売る時期とタイミング|車一括査定サイト比較ランキング@車売り隊.com