事故歴があっても車買取査定をあきらめる必要はない理由まとめ

日本においては、事故歴(修復歴車)と判定される基準が統一されています。

基本的に、骨格部位を交換、あるいは修復した車は、修復歴車となるのです。

修復歴なしの個体と比べ、中古車としての相場は低くなるため、それにしたがって買取価格も低くなるのです。

でも、車買取査定をあきらめる必要はないのです。

日本における修復歴車の状況

事故車でもきちんと修復すれば国内での流通が可能です。

修復歴車が問題なわけではない

とはいえ、修復歴車が悪いわけではありません。

車を修復する技術は年々進化しており、小さな町工場でハンマーを使って叩くなんていう時代ではなくなりました。

大手の修理工場であれば、新車組み立て工場と見間違うような大型の設備を導入し、全て電子制御化された鉄板の修復作業が行われています。

新しい人気モデルであれば、高値で売れる

さすがに、10年以上も前の車に何十万円もかけて修復するのは経済合理性があるとは思えませんが、まだ発売から数年の人気モデルであれば、修復歴の表示があっても中古車としての価値はそれほど下がりません。

きれいに直しさえすれば、十分に日本国内で流通できるのです。

よって、買取相場も悲観的になる必要はなく、売る時には複数社から見積もりをとって、納得できる価格で売却すればいいのです。

修復歴車でも海外の輸出は問題なし

海外では修復歴の基準はさまざまであり、国際統一基準は存在しません。

各国で自動車に関する法規制も異なりますので、それぞれの国での適法な流通であれば問題ないわけです。

修復歴の基準は国によってさまざま

日本では、一般的に修復歴の表示があると、中古車相場は多少低くなります。

それでも買う人がいるのと同じように、海外でも修復歴車は普通に流通します。

特に東南アジアやアフリカ諸国では、修復歴の有無はほとんど気にされることはなく、状態さえよければ高値で取引されていくのです。

人気車種の場合は、修復歴有無は重視されない

国によって事情は異なりますが、完成車の中古車として輸入すると、高額の関税がかけられる国も存在します。

車本体の価格の2倍3倍の関税がかけられる例も稀ではないのです。

そこで、輸出する際に、車をばらばらに切ってコンテナに積めるなんてことが普通に行われているのです。

部品として輸入して、現地の工場で溶接してつなぎ合わせるなんてことは日常茶飯事です。

さらに、右ハンドルの規制がある国は、輸入した後にインパネを切ってつなげて左ハンドルに仕立て上げるなんてことも通常業務です。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

良質な部品は国内でも海外でも人気が高い

最近では、日本の良質な中古部品を点検・洗浄して、正規に海外に輸出するというような企業も増えてきています。

良質な部品は国内でも修復パーツとして再利用できる

事故車で修復が不可能な場合でも、車全体が壊れているということはまずありません。

損傷を受けていない部分については、パーツとしての再利用が可能なのです。

自動車というのは約3万点の部品からくみ上げられており、ボディパーツや足廻り部品、室内、電装品、エンジン廻り部品など多岐にわたります。

例えば、自分の愛車のエンジンが損傷した場合、メーカーから新しいエンジンを取り寄せるということはほぼあり得ません。

なぜなら、エンジン単体での価格が高く、経済合理性の観点から割に合わないのです。

そこで使われるのがリビルド部品や再生部品と呼ばれるパーツです。

また、状態が良いものはそのまま中古エンジンとしても流通できます。

海外にも日本車のパーツは多く輸出されている

日本の中古車が海外でよく売れるということは、現地でも補修用のパーツが必要になります。

現地にトヨタの正規ディーラーが存在する場合もありますが、中古車として輸入した車のメンテナンスの責任を負ってくれることはありません。

そこで、自動車修理工場のようなところでは、日本からの部品が頼りになるのです。

自分の車がどんなに古くても、海外ではまだ現役で走っているかもしれません。

そうした場合には、部品としての価値を考えてもある程度の相場での売却が可能です。

古くなった事故車でも査定はゼロにはならない

古くなった事故車でも、最低でも資源としての価値はある。

どんなに市場価値がなくても、ゼロではない

これまでのように、古くて走行距離も多く、修復歴もあるような車の処分に費用がかかる時代ではありません。

確かに日本での流通も期待できない、部品としての価値も低く、輸出も不人気という車種は存在します。

しかし、それでもあきらめる必要はないのです。

自動車には最低でも資源分の価値はあるわけです。

まとめ

古くなればなるほど、車の修理をした対価というのは評価されない傾向は高いです。

事故を起こした場合は、まずは冷静になって、自分の車の買取相場を確認し、買取業者に見積もりを取ることです。

その上で、一番高く買い取ってくれる業者に売ればいいのです。

日本では、譲渡関係の書類さえきちんと揃っていれば、売却時に価値はゼロにはならず、何らかしらのお金になるということを忘れないことが重要です。

▼「車売り隊.com」厳選のおすすめランキング▼
車一括査定ランキング

関連記事

NO IMAGE

モデルチェンジの影響は大きい!車買取査定の注意点

NO IMAGE

車買取査定のリサイクル料金についての注意点

NO IMAGE

車一括査定による営業電話を回避する方法とは?

NO IMAGE

日産の車買取査定で高額にする方法ってあるの?

NO IMAGE

車買取査定はメールだけで済ませられない?電話が必要な理由は

NO IMAGE

車買取査定でのタイヤの扱いは?スタッドレスだとプラスに?

事故歴があっても車買取査定をあきらめる必要はない理由まとめ|車一括査定サイト比較ランキング!「車売り隊.com」